img-1

ナレーションを仕事として生活費を稼いでいく方法

ナレーションを特技としてビジネスを行っていくためにはオーディションを受けて仕事を獲得するといった手続きを経て仕事を獲得していく必要があります。



一度仕事を獲得するとそれだけで莫大な稼ぎになることが多いため、案件の大小に関わらず応募を行ってナレーションの仕事を獲得することに全精力を費やすというのが一般的な方法です。



一方、なかなか仕事が取れないときにはアルバイト等によって生計を立てなければならないのが典型的なナレーターの生き方でした。



日中はオーディション等の予定が入ってしまうことが多いため、比較的シフトに自由度の高いアルバイトや夜間の仕事を行うことになるというのが一般的な傾向として現在でもそういった仕事に携わっているナレーターは大勢います。



一方で、生活費の稼ぎ方としてナレーションを用いるという方法も最近ではむずかしいことではなくなってきました。



クラウドソーシングが広まったことによってナレーションや声優として活躍できる声を使った仕事も広く発注されるようになってきているのです。



テープの吹き替えの依頼や、ゲーム制作におけるキャラクターボイスの募集等、様々な形で声を使った仕事が募集されています。



こういった仕事を空き時間に請け負っていくことによっても生計を立てていくことは可能であり、ナレーターとして大きな仕事を探しながら、小さな仕事で生活費をまかなっていくということができる時代になっているのです。



関連リンク

img-2

システムマイグレーションを行うことで

システムマイグレーションによって、更にビジネスは進化します。情報化時代は大量の情報処理をいかに的確に行うかが大切になります。...

more
img-3

人気もあるナレーションの仕事

テレビの裏で解説などをするナレーションの仕事は、割と人気のある職業です。言うまでもなく声質や滑舌等を見られるので、そういったものを勉強したり改善したいと思っているなら、声優養成学校に通うことをお勧めします。...

more